活動実績

環境と経済が両立する「環境対策」

千代田区には、わが国を代表する
大企業や官公庁などが集積し、
そのエネルギー使用量も大きいことから、
温室効果ガスである二酸化炭素の排出抑制に、
力を合わせて取り組むことが求められます。

「地球温暖化対策条例」の制定
環境問題のなかでも、地球温暖化は大きな気候変動をもたらし、大規模な自然災害の原因となって、生活や経済に大きな影響を与えます。千代田区が目標とするのは、2020年までに25%、2050年までに50%の温室効果ガスの削減です。幅広いパートナーシップにより、環境と経済が両立する低炭素都市の実現をめざします。
「千代田エコシステム」
千代田区が独自に構築した「環境配慮行動」を促進するための仕組みです。行政・区民・事業者など多くの人たちが協力して「環境にやさしいまちづくり」をめざしています。
千代田区コミュニティサイクル「ちよくる」
地区内に複数のサイクルポート(自転車の貸出・返却拠点)を設置し、各サイクルポートのどこでも借りられ、どこへでも返却できるネットワーク型の自転車シェアリングです。自動車から自転車への転換によるCO2排出量の削減、環境意識の向上、健康増進など、幅広い効果が期待されるほか、地域・観光の活性化、放置自転車対策にもなります。「区境を越えた相互乗り入れ実証実験」も推進しています。
Page Top